Specific skill support

特定技能支援とは

在留資格「特定技能」に係る制度とは、
深刻化する中小企業の人手不足に対応するため、
一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人を受け入れていく制度です。

在留期間 1年、6か月又は4か月ごとの更新、通算で上限5年まで
技能基準 特定技能試験合格
(技能実習2号を良好に修了した外国人は試験等免除)
日本語能力水準 必要な日本語能力を試験等で確認 N4以上
(技能実習2号を良好に修了した外国人は試験等免除)
家族の帯同 基本的に認められない
受入れ機関又は
登録支援機関による支援
対象:受入事業者=登録所属機関が行う。
*特定技能支援を「一括」して登録支援機関が行う事も可能。
  • 特定技能指定業種
    介護・宿泊・外食
  • 飲食料品製造、農業、漁業、航空、自動車整備、建設電気・電子情報、
    産業機械製造、ビルクリーニング、素形材産業、造船船舶  以上14業種

「特定技能」なら外国人材を“直接雇用”できます。