「特定技能評価試験」の合格前に「内定」を出す事も可能。

コラムイメージ

受入企業=「特定技能所属機関」が、「特定分野」における、その外国人が「試験」に合格する前に「内定」を出すことは合法です。
よって、早くからその外国人にアプローチし「面接・面談」を行い、「試験前」に内定を出し「特定技能雇用契約」を締結することが可能です。
ただし、「試験」に合格しなければ「受入れ=入国就労」は認められません。